感覚の違い

おとなしい子どもの親と
やんちゃな子どもの親は
感覚に違いがありすぎて
理解し合えない?


ママ友から子ども(おとなしい子)が
友だちからからかわれていると聞いて
相談に乗っていたのですが

からかっている子の親に
直接話しをしたら

謝罪してきたので
受け入れて終わったそうです。


それが今度は
からかっていた子の親が
私に本音を漏らしてきたのですが

「(おとなしい子の)親は
この年齢特有のノリを分かっていない」

「うちの子どもも他の子にされたけど
互いさまだと思っている」

「うちの子がからかった時
(おとなしい子は)笑っていたから
子ども同士は気にしていないのに
親が気にしすぎている」

等々言っていて

あれ?謝っていたのは何?と
思ってしまいましたが

確かにノリがあるのは
私でも理解はできていて

おとなしいうちの息子でも
つられてやってしまうことも
あるかもしれないと思っています。


でも、相手が笑っているからよいなど
私も息子もそういうことは考えません。

これが一番の感覚の違いで
ずっとやんちゃをしてきた子が
理解できないところだと思うのですが

嫌なことをされてどんなに辛くても
笑うしかないから笑う子がいて
その子たちはその都度
心を消耗しています。


極端な話ですが
殴られて殴り返して
お互いさまだからよしはありません。

それ以前におとなしい子は
殴り殴られではなく
やられっぱなしです💦



学校は手のかからない生徒の
心の消耗の上に成り立っています。

やんちゃをする子の親
それを理解していなくて

それくらい気にするなとか
弱ければ強くなれと言いますが

争いを好まない子は
そんなことを言われたら
八方塞がりです。


つづく





























この記事へのコメント