"日記"の記事一覧

息子の不登校時代〜周りの偏見との戦い〜

つづきです。 息子が不登校時代には、たくさんの偏見に遭いました。 よく言われたのが、「学校は行った方がよい」という一見当たり前のような言葉でしたが、その言葉が一番息子を苦しめました。 息子はたった6歳で学校に行かないことに重い罪悪感を持っていましたが私も夫も上記のような言葉は親の私たちは一度も発したことがないのでこれは周り…

続きを読むread more

息子の不登校時代〜番外編『病んでしまう子どもたち』〜

息子の学年は1年の1学期は不登校児が0ということでしたが、あれから何人かが不登校になりました。 その中の1人は息子と幼稚園のクラスが3年間一緒で週末の幼児教室も2年間一緒だったのでどんな個性の子だったかよく知っているのですが、とってもとっても優しい子でした。(当時、不器用な息子が出来ないことがあるとそっと手伝ってくれていた女の子が3人…

続きを読むread more

息子の不登校時代〜息子の居場所確保〜

前回のつづきです。 息子は小1の秋の授業参観の後から腹痛を起こすようになり、そのまま学校を休みがちになりました。 私は誤魔化したり無理して行かせることはしたくなかったので、真っ先に息子に「学校休む?」と聞きました。 息子は真面目なので休むことに罪悪感を持っていましたが、私が「疲れている時は休むんだよ」と言うと、戸惑いながらも「…

続きを読むread more